オフィスデザインする際、規模に関係なく「憩いの場」は必要か否か?

1日の大半を過ごすオフィス。できることなら機能性だけを追求した無機質な空間ではなく、快適に楽しく過ごせるスペースであって欲しいものです。

31 AUG 2017
1_top

出典:https://pixabay.com

快適なオフィスには、生産性や効率を上げる要素と共にスタッフ同士の円滑なコミュニケーションを促すデザインレイアウトの工夫があります。中でも、オフィス内のフリースペース「憩いの場」は、大企業やベンチャー企業に取り入れられ、従業員満足度の向上にも貢献しているようです。

では、「憩いの場」は、従業員数やオフィススペースの広さに関係なく必要なものなのでしょうか。憩いの場から得られるメリットをみながら検証してみましょう。

フリースペース「憩いの場」とは?

2_free
出典:https://pixabay.com

最近のオフィスデザインで要望の多いフリースペース。社内では、休憩やリフレッシュ、ミーティングに使われることが多いようです。

フリースペースは、これまであった休憩室や会議室とは違い、オフィス空間の中にバリアフリーで設置されます。仕切りがあったとしても、クリアガラスやパーテーションなどオープンなイメージです。

スタッフは、業務の合間にフリースペースで自由に過ごすことができます。リフレッシュや軽いミーティング、場合によっては仮眠できるところもあるようです。「フリー」のとおり自由なスペースであり、多くのオフィスで憩いの場になっているようです。

憩いの場で得られるメリット

3_merit
出典:https://pixabay.com

なぜ多くのオフィスでフリースペースの設置が進められるのでしょう。これは、従業員満足度向上の考え方の普及によっています。

従業員満足度とは、報酬などの業務ではなくオフィス環境における満足の指数です。この満足度が高いほど、従業員の生産性があがり、離職率の低下につながると言われています。

従業員満足度が高くなる要因に、社員同士のコミュニケーション、オフィスの快適さがあげられます。オフィスの業務スペースにオープンなフリースペースを設置することで、リラックスした状態でスタッフ同士のコミュニケーションが可能となります。違う部署同志の交流や、場合によってはお客様との会話から、ビジネスのヒントが得られることも少なくありません。フリースペースの設置により、コミュニケーションの向上が期待できるのです。

また、フリースペースを憩いの場にすることで、スタッフはちょっとしたリフレッシュが可能となり、生産性があがります。他部署のスタッフとの会話やリラックスした雑談からクリエイティビティが刺激され、企画やデザインのアイディアが浮かびやすくなるとの声もあります。

このことから、従業員数や部署数などの規模の大きさに関わらず、フリースペースを設置することは有効です。業務から離れてリラックスできること、いつでも気負いなく行けるようなオープンであること、お客様がみても見苦しくないデザインであることで、快適な空気が流れ円滑なコミュニケーションが生まれるオフィスとなるでしょう。

フリースペースを憩いの場として活用している事例

4_jirei
出典:https://pixabay.com

ヤフー株式会社:名古屋オフィス

業務スペースとはガラリと雰囲気を変えたフリースペースのコンセプトは「棚田」。グリーンを基調にしたデザインで、棚田をイメージした巨大ひな壇ソファには寝転がることもできます。

本物の切り株を使用したミーティングスツール、スタンディングミーティングコーナーも設けられ、オリジナルティが溢れる休憩&ミーティングスペースとなっています。

株式会社日本システムテクノロジー

販売管理・在庫管理パッケージシステム「楽商」の開発・販売等ソフト開発を行う同社のスリースペースは「イノベーションスペース」。

窓際はフリーアドレス型のカウンターとなっていて、外の景色を見ながらのひとり作業に最適。真ん中にあるソファではリラックスしながらミーティングができます。 ひとりで仕事をしたい時、数人でラフにデザインを出し合う時など、アイディアが出やすいカジュアルなデザインなのです。

株式会社WIND-SMILE

自然エネルギーを扱う同社の休憩スペースは「風カフェ」。レトロモダンなカフェ風の休憩室は、社員だけではなくお客様も利用できます。床や家具は懐かしく自然な色合いを使用、大きなソファには様々な柄のクッションが並べられています。

丸テーブルを囲んで軽いミーティングも可能。ホッと一息入れてリフレッシュできる空間です。

株式会社ネットブレインズ

ITサービス事業を行う同社には、なんと「やぐら」があります。やぐらの中にはOA機器やテーブルがあり、スタッフが気軽に集まれるようになっています。

OA機器が集まっているので、おのずとスタッフ同士の会話が生まれます。木で組まれたやぐらはオフィスのシンボル。オープンでありながら業務スペースとは別の空間となり、ちょうどよいリフレッシュエリアとなっています。

まとめ

オフィスに憩いの場となるフリースペースがあることで、殺伐としたオフィスに柔らかい空気が流れ始めます。憩いの場は、オフィスの快適さと共にコミュニケーションとアイディアが生まれ、生産性の向上にもつながるようです。

ベランダを利用したり、業務スペースの一角にソファを置いたりするだけでも、憩いの空間となります。少しの工夫でもできる、フリースペースの設置を考えてみてはいかがでしょう。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧