オフィスで生産性を上げる3つのポイント

生産性は、ビジネスの世界でも重要なポイントです。より生産的であればあるほど、仕事は効率的になります。それは成果にも大きく影響してくるでしょう。

21 JUN 2016
160726-0003

出典:http://www.officelovin.com/

中小企業のオーナーとして、従業員が快適であるだけでなく、従業員がいる間、生産性を上げるために、何をすることができるでしょうか? 下記は、より生産的なオフィススペースを3つのポイントです。

1.温度を管理する

160726-0001

働く従業員の意見の中で最も一般的な環境不満は、温度です。 体調などはそれぞれ異なるので、エアコンがたとえ何度にセットされても、全員が満足いくことは難しいでしょう。 オフィスを賃借するとき、必ず個別空調かは確認するようにしましょう。窓の配置と位置にも注意してください。温度は朝は大丈夫でも、窓が西向きの場合、オフィスの温度は午後には10または15度上がることもあります。

また温度上昇を軽くするために熱遮断ブラインドまたはカーテンを装置するのも良いでしょう。

2.自然光を入れる

160726-0002

可能であれば、自然光を浴びれるようにしましょう。 蛍光灯の下で8時間いることは健康的ではありません。 照明は、自然光により近いコンパクト蛍光(CFL)電球を導入することもおすすめです。 頭上の照明は労働者にストレスを与えてしまう恐れがありますが、間接照明はより心休まると研究結果でも出ています。

3.色で環境を整備

160726-0003
出典:http://www.officelovin.com/

心理学者の研究によれば異なる色と生産性に対する影響を大きいと言われています。 仕事の内容や目指すオフィス環境により色の選択をしましょう。

・赤色  力にかかわります; 強さ、暖かさ、エネルギーと刺激を暗示します。

・青  知性にかかわります; コミュニケーション、信用、効率と落ち着きを暗示します。

・黄  感情にかかわります; 楽観主義、信頼、外向性と創造力を暗示します。

・緑  バランスにかかわります; 調和、バランス、休みと平和を暗示します。

会議室や休憩室は青、執務スペースは赤、その逆など目指すオフィス環境で変えていくと良いと思います。

いかがでしょうか?何か大きな設備を入れたり、オフィスのデザインを大きく変更したりすることがなくても 簡単なことで社員のストレスは軽減できるかもしれません。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧