オフィスデザインを決めるとき、女性スタッフをメンバーに加えるべき理由とは?

オフィス移転や開業、模様替えなど、男性スタッフだけで考えてデザインすると機能性は良いのだけど無機質になりがち。

26 MAY 2017
1_header

出典:https://pixabay.com

そんな時、女性の意見を聞くと、気の利いたアイディアを教えてくれます。女性と男性は感性が違うもの。男性はハードやスペックを重視しますが、女性はソフト面を大切にします。女性なら、冷たい作業場を少しの工夫で柔らかで温かみのある空間に変えることができるのです。そこで今回は、女性スタッフが与えるオフィスデザインの影響力とその理由について考えてみました。

2_woman
出典:https://www.photo-ac.com

女性はオフィス環境をどう見ているのか

仕事のモチベーションアップの条件として、報酬や評価方法の良さの他に、オフィスの快適性をあげる声は多いようです。特に最近は女性の活躍が著しく、女性が快適だと感じるオフィスであることは、人材を募集する上でも重要なポイントとされている傾向があります。

女性は、五感で快適さを感じます。男性が「仕事ができる静かな部屋であれば良い」「機能性であればおしゃれである必要はない」「雨風しのげれば良い」という考えに対して、女性は「かわいい」「気持ちが良い」「おしゃれ」「来社したお客様に素敵と思われたい」であることもモチベーションアップの大切なキーワードです。また、「こんな素敵なオフィスで働いているわたし」というステイタスを感じられることも重要です。

では、オフィスの空間に女性の意見を取り入れるとどう変わるのか、見ていきましょう。

3_eacon
出典:https://www.photo-ac.com

過ごしやすい温度は快適オフィスの基本

女性が活躍している昨今、オフィスの女性の割合は増えているのではないでしょうか。今まで暑がりが多い男性だけであれば、夏の冷房をガンガンかけてもお構いなしだったかもしれません。

しかし、女性は冷えに敏感。冷えは女性の大敵ということもあり、男性が感じる快適さに合わせると、女性は寒すぎると感じることも多いようです。 女性の意見を取り入れることにより、冷房がより当たる場所には外回りが多いメンバーの席、女性のデスクには冷風を直接当たらないようにパーテーションを設置するなど、アイディアでメンバーみんなが快適に過ごす空間を作ることができます。

また冬の暖房はエアコンだけというオフィスでは、足元が冷えて困っている女性も多いものです。足元用の暖房器具など場合によっては必要かもしれません。意見を聞いてみましょう。

4_welcom
出典:https://www.photo-ac.com

お招きする気持ちが溢れる来客スペースと、コミュニケーションしやすい会議室

来客スペースや応接室は、お客様が来て過ごす場所です。慣れていない場所にわざわざ来ていただくのですから、リラックスして過ごしてもらいたいですね。また、会議室では、建設的なディスカッションを交わさなくてはなりません。やはりリラックスして意見を出しやすい空間にすることが必要です。

男性がデザインすると、機能的なデスクにホワイトボード、場合によっては社訓や社長の写真、話のきっかけになるようにとプロジェクトの宣伝用ポスターを無造作に貼ってしまいます。これでは、来客者もリラックスできず、会議では硬い雰囲気になってしまうかもしれません。女性の五感で感じる快適を形にすると、グリーンをあしらう、絵画を飾るなどの他に、デスクや椅子の素材や色にも現れます。

女性は「お迎えする」「コミュニケーションをとる」ことを第一に考えます。お客様には居心地よく、メンバーやスタッフはコミュニケーションをとりやすい空間作りを目指すことができるでしょう。

5_people
出典:https://pixabay.com

フリースペースは癒しとクリエイティビティの両方を兼ね備えて

最近増えているオフィスのフリースペース。作業の息抜きやひらめきを得る場所として、オフィスそれぞれの特徴が出るスペースです。

特にクリエイターは、デスクでモニターを眺めているより、軽く体を動かす、インスパイアを求めて雑誌を眺める、会話からヒントを得るなどした方が、アイディアは出やすくなるといいます。フリースペースは、癒しや休憩の他に、クリエイティビティな場所なのです。

女性の視点を取り入れることで、リラックスできる色や素材、広さが具体的にわかります。グリーンのチョイスも、見ていて和む、または元気が出るものを選んでくれるでしょう。バランスボールや、コミュニケーションのきっかけになるちょっとしたパズルなどがあれば、リラックスしてひらめきを待つことができますね。 コーヒーなどの飲み物も大切な要素です。女性が好きなドリンクを置くことで、会議室での打ち合わせよりも良いディスカッションができるかもしれません。

6_office
出典:http://gahag.net/

機能性も押さえた収納の達人

オフィスは仕事をする空間。おしゃれで快適なだけではなく、滞りなく業務を行うことができる機能性が一番大切です。機能性の良い環境にするためには、導線を考えることがもちろん必要ですが、同様に整理整頓しやすい環境であることも重要です。積み上げっぱなしの書類に埋もれての仕事では、大切な資料を探すだけでも時間をロスしてしまいます。

女性は、常に快適である空間を求めています。それは、人類が狩猟民族であった太古より培われてきた感覚です。限られた空間の中で、いかにして安全に子育てをして敵から身を守るのかを考えてきました。

従って、空間を有効に使うために、整理整頓しやすい収納を考えることは女性の得意分野。出しやすく、片付けやすい、探しやすいレイアウトや収納家具のアドバイスを得ることができるでしょう。

働き方改革が推進されている昨今、女性の進出だけではなく様々な年齢層、ダイバーシティを考えてオフィスの環境を整えていくことが必要です。 女性は、コミュニケーションを大変大切にします。それは、コミュニケーションをとることが自分たちの身を守ることにつながった人類の記憶が残っているためだといいます。

そんな女性たちの声は、オフィスで過ごす人、お客様の代表。女性スタッフと一緒にオフィスのデザインを考えることで、みんなが過ごしやすい空間を作ることができるのです。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧