新年会で率先して幹事を引き受けた方がいい10の理由

忘年会は割とどの企業でも行うようですが、その分、新年会を簡略化してしまう傾向にあるようです。

18 DEC 2016
Beer toast

出典:http://wanderlust.com/journal/cheers-to-post-yoga-beers/

しかし、年の初めのビッグイベントとして、ぜひ新年会の開催を検討してみてください。そんな提案をしてしまったのが運の尽き?「じゃあ、オマエが幹事やれ」と言われるのはほぼ確実です。面倒なことかもしれませんが、二つ返事で引き受けましょう!そこで今回は「新年会で率先して幹事を引き受けた方がいい10の理由」と題して、率先して幹事を引き受けた方はいい理由をまとめてみました。

1.トヨタでは宴会部長が出世の登竜門?

1.Toyota-C-HR_US-Version-2018-1600-01
出典:https://www.netcarshow.com/toyota/2018-c-hr_us-version/1600×1200/wallpaper_01.htm

トヨタ自動車で出世するためには、いかに宴会を上手に取り仕切ることができるかが指標のひとつになっています。年齢も所属のさまざま、忙しい社員の人たちのリクエストを吸い上げ、場所を確保し、予算内に抑え、自分の上司の顔を立てる。面子をつぶすことはあってはならないのです。若手社員にとっては試練かもしれませんが、ひとつのプロジェクトとして捉え、スムーズかつ確実に完了させることができれば一気に社内の評価も高まるでしょう。

2.幹事未経験者ほど無茶振りをしてくる。それをしなやかにかわす術を身につける

2.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-OZPA_947520141025150853

幹事経験者であれば身をもって体験していると思いますが、これまで宴会を取り仕切った経験がないひとほど、我がままでありえないような無茶振りをしてくるものです。それだけ空気が読めないからこそ幹事が務まらないということもありそうですが…。食べ物の好き嫌いから、会費、店選び、料理の質まで、ありとあらゆることにケチをつけられます。ここで逆キレしてはだめです。クライアントから無理難題を押しつけられていると考え、ぐっと堪えて試練の乗り切りましょう!

3.大人数をまとめるのがいかに大変かを実感できる

3.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-HTdaienkaijyou20150221011259

とにかく、参加者というのは自分勝手です。すべての参加者のリクエストを100%叶えることは120%不可能です。逆に、誰か特定の人のリクエストを100%叶えてしまったら、かなりの高確率で他の参加者にとって「何じゃこりゃ?」という状況になりかねないものです。早めに動くことはもちろんのこと、なかなか足並みが揃わないはずなので、ぐるなびが無料で提供している「調整丸」をフル活用して、参加者の日程が合う日を可視化して、一気に押し切ってしまう強引さもときには必要です。

4.社内で自分の存在をアピールできる

4.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-YUKA150701468559

こういったゲスな考えを持つのはどうか…と考え込んでしまう真面目な方がいるかもしれませんが、組織の中で勝ち上がっていくためには社内営業は必須です。トラブルや緊急対応時など、いざというときのために、一人でも味方がいてくれた方が安心なのです。面倒を引き受けることになることは避けられませんが、ぜひ思い切って幹事に立候補してみてください。自分は大人しい性格だから…なんてことも関係ありません!宴会の場を盛り上げて、楽しい雰囲気にしてくれる人だけが宴会部長というわけではないのです。

5.部署や世代の垣根を越えた人付き合いが生まれる

5.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-AL201_nomikai1220140830190036

幹事を引き受ける上で、これは本当にメリットが大きいことです。開催される新年会や会社の規模にもよりますが、多くの場合は「名前も顔も分からない」人が参加者に含まれていることが少なくありません。通常業務では接点のない社員さんとの交流が図れるまたとない機会です。もしかしたら、今後も顔を合わせて挨拶をする程度の関係で終わってしまうかもしれませんし、もしかしたら、所属部署が変わって隣の席同士になることもあるのです。そんな未来への投資だと思って、ぜひ引き受けてみてください。

6.確実に仕事がやりやすくなる

6.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-Green14_jyumon20141123153806

これも重要な要素でしょう。滞りなく新年会を終わらせることができればもちろんのこと、万一、何らかのミスやトラブルがあったとしても、きちんとフォローアップすればいいのです。経験の有無に関わらず、誰もが幹事は面倒な役回りであることは理解しています。それを率先して行った時点で一定の評価が得られているのです。必ず恩義を感じてくれています。逆に、何とも思わないような人とは付き合いを避けましょう。

7.社内的にokであれば、SNSをフル活用する

7.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-Green21_hyuhyu20141123121153

非公開のFacebookページやLINEグループなど、クローズドな場を用意して、準備の段階から当日の様子などをこまめにアップしましょう。できるだけ多くの参加者の表情を収めておくことをオススメします。楽しい時間が参加メンバーで共有できるだけでなく、また次回も開催しようという機運が高まる好材料にもなるのです。仮に、何らかの理由で不参加となってしまった社内の人が「次回は参加したいなあ」と思ってもらえるように心掛けてみてください。

8.一人でやろうと思わない

8.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-PAK_OO0I9A4339

新年会も規模が大きくなると1人で回すのは困難が伴います。会社で、あるいは自己申告でも、プロジェクトチームを編成して円滑なる新年会の開催を目指した方が安心です。大規模な新年会の切り盛りなど、なかなかできるものではありませし、終わってみれば貴重な体験になることは間違いありません。チームで行うときも、できるだけあなたが率先して動くようにしましょう。結局、誰かがリーダーにならなければ先にコトは先に進まないのです。

9.幹事体質になるとプライベートでも活かせて、友達が増える

9.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-JSK542_kanpai

幹事体質になると、自然と美味しい飲食店の情報が集まるようになり、自分の中でもストックがどんどん増えていきます。そうなると、いつの間にかプライベートでも幹事としてのお声が掛かるようになります。あなたはまだ気づいていないかもしれませんが、この頃には自分で飲み会を企画できるようになるのです。こうなると、合コンの企画の開催も引き受けられるようになっています。気がつかないところで人の輪が広がっています。

10.もしかしたら彼氏・彼女がゲットできるかも?

10.--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-POK140321334108

これこそ最大の副産物(?)かもしれません。幹事というと、なかなか損な役回りであることもあります。会費を集め、グラスに飲み物がなくなれば注文を取り、ドタキャンやドタ参加者のために必死にお店を交渉して何とか無事に終わらせるのは並大抵の苦労ではありません。しかし、そんな苦労を密かに見守ってくれている人がどこかに必ずいるものです。気がつくかどうかはあなた次第…かも。そのサインをお見逃しなく。苦労は必ず報われますから。

余談:幹事必見!オススメのツール

幹事ともなればさまざまなツールを自在に使いこなし、スケジュール調整からお店選び、会計、解散後のタクシーの配車などを手際よく、スマートに行いたいものです。そこで、幹事にとって必須&定番の各ツールをまとめてみました。さっそく新年会のときに活用してみてください。これらのツールを使いこなせるおじさんはなかなかいないはずなので、こんなところでも関心を集めたり、若さゆえの柔軟性で差をつけてしまいましょう!

●LINEスケジュール

https://line.me/ja/

●調整さん

https://chouseisan.com

●調整丸

https://chosei.gnavi.co.jp

●スーパーらくらく幹事さん

https://ssl.gnavi.co.jp/s_kanjisan/request/

●スマート幹事くん

https://www.hotpepper.jp/smart_kanji/request/

●SpliTron 2(お会計アプリ)

https://itunes.apple.com/jp/app/splitron2-geri-kan/id711638642?mt=8

●日本交通タクシー配車アプリ

http://www.nihon-kotsu.co.jp/taxi/use/iphone/

●全国タクシー配車

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nikko_data.japantaxi

いかがですか?幹事は面倒なことですが、それ以上に得られるもの、ゆくゆくは役に立つことがたくさんあります。どうか率先して幹事を引き受けてみてください。そして、素敵なパートナーをゲットしてくださいね。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧