セカンドオピニオンサービス

お見積りが公正なものかどうか、
第三者の立場から公平に診断いたします

SECOND
OPINION
品質の高いミーティングルーム

「見積もりまでもらったが、どこか納得がいかない」
言い出しづらい、そんな悩みの相談相手

デザイン提案をされ見積もりを受け取り、あとは契約書にサインをするだけ。
「でも、この金額ならもっといいものができる気がする。けどプロに物申すのも。」
そんな言い出しづらい悩みに対して、私たちが提案全体が適正な内容かどうかを診断します。
大きな金額と労力が動き、その後の企業のあり方に大きな影響を与えるオフィスづくり。
全く不安がなく腑に落ちた状態で完了できるよう、必要箇所をサポートいたします。

SOLUTIONS

どこのメーカーにも属していない
中立な立場からのアドバイス

私たちは、オフィスインテリアを主軸とするデザイン会社です。
家具メーカーや建材メーカーに属していない独立した立場のため、
全てにおいて中立的で、クライアントが喜ぶかを基準に判断し動けます。
「あるメーカーだけで構成している。」「進め方、仕様に疑問がある。」
そんな声にならないモヤモヤした、些細なことでもお話ください。

FEATURE
  • 山のような資料
    1,000社以上の経験

    これまでに1,000社以上のオフィス移転・新設などを担当してきた経験から、クライアントの要望に対する提案内容と見積もりの妥当性を判断できます。少しでも気になったら、とりあえずのご相談を。

  • 盾
    中立な立場

    家具メーカーにも、建材メーカーにも属していな、それ単体のデザイン会社として存在します。だからこそ、余計なバイアスがかからず適正であるかどうかのみに視点を置くことができます。

  • ナンバーワン
    クライアントファースト

    1,000万円の予算から、1,500万円の価値のものをクライアントに。どこにも属さない立場であるからこそできることなのかもしれませんが、それを当たり前としてやってきました。

新しいオフィスづくりは大きな投資
疑問点なくスッキリと終わってほしい

オフィスをつくることはクライアントにとって大きな投資であるはずです。
ただ大きな金額が動くだけでなく、働き方やリクルートにも深く関わってきます。
この先何年も付き合うオフィス環境で、企業価値が決まると言っても過言ではありません。
社運をかけたプロジェクト、すべての人にとって満足のいく結果になってほしい。
その思いは、自分たちのクライアントでもそうでなくても、一貫して同じです。

POLICY
  • ヒアリング
    ヒアリング
    • 要望・希望の確認
    • 疑問点の確認
  • 適正か判断
    • デザインチェック
    • 仕様チェック
    • 見積もりチェック
  • 魔法
    適正化
    • 見積もり修正
    • 適正化アドバイス
  • リルート
    改善案
    • 仮プランニング
    • 簡易平面図
    • 仕様提案

サービスの流れ

お問い合わせから提案完了までの基本的な流れを紹介します。
基本的にはセカンドオピニオンはアドバイスのみのサービスです。
そのためクライアント主動になってしまいますが、ご了承ください。
改善が見られない場合、希望がありましたら改善案の制作もいたします。

PROCESS

無料
期間

STEP 依頼主様の動き Offiveの動き

1 お問い合わせ

電話とメール

まずはお問い合わせください

コンタクトフォームよりお問い合わせください。
この際に現在の状況と何に疑問を感じているか、
本来どういった効果を期待しているかなどを
お伝えいただけると大変助かります。

担当者よりご返答差し上げます

お電話やEメールなど、
お客様のご指定の方法で、迅速にご返答差し上げます。
この際にお打ち合わせの日程の調整をします。

2 ヒアリング

打ち合わせ

提案書、見積書をお持ちください

適正であるか判断するため、受け取った提案書などをできる範囲でおみせください。
また、どこに差異を感じているかなどをお聞かせください。

適正であるかどうかを判断します

アウトプットの妥当性を判断します。
適正でないと判断した場合、どこをどうすればクライアントの意向とに沿ったものに仕上がるのかをアドバイスします。

*適正化

設計

アドバイスだけで改善されない場合…

クライアントと依頼先との対話で改善されない場合、
必要であれば再びご相談ください。

仕様や数値等を適正なものに修正します

弊社の視点からの修正をおこないます。
クライアントを第一に考えれば、この部材や数字であるはずだ。というものです。

*改善案制作

設計

それでもまだ納得できなければ…

やはりもっとできる気がする…。どこか納得がいかない…。
そんな悩みが続く場合は、やりなおしてしまうのも一つの手です。

ゼロベースの立案をします

デザイン、仕様書、仕様部材に家具、見積もりなど、
これまでの対話を踏まえた上で、ゼロベースでの提案をいたします。

些細な事でもお気軽にご相談ください

オフィス移転・開設のご相談、賃貸取得のお悩み
些細な事でもお気軽にご相談ください。

CONTACT
お問い合せはこちら