天井の高い執務室

ワーカーの快適さを追求

Furniture by HermanMiller

広々としたストレスフリー空間

開放性とプライバシーが両立させた執務室を持つオフィスデザインの例。
空間を分けるずに席間の距離を広めにとることで、意識によるプライバシーを確保いたしました。

こんなオフィスにしたい

DESIGN CASE 033

チェアを中心に、快適な空間に

フリーアドレスを採用したそれぞれのデスクにはワーカーが快適に働けるよう配慮が施されています。
選ばれているチェアはミラ2チェア。200万台を売り上げ、オフィスチェアのスタンダードとも呼ぶことのできる形態をつくりあげたミラチェアの後継機です。
次世代の働き方に合わせ、ミラチェアの全てのパーツを再検証し生まれたそのアイテムは、現代のワーカーに最適化された一脚です。

ミラ2チェアを中心に据え、シーティング・スタンディングに対応したワーカーの健康を意識したデスク。
木調の床でリラックスした印象を与える執務室。高い天井で閉塞感を生み出さない躯体など、
快適な働き方に注力し生み出されたオフィスデザインの例です。