立って働けるオフィス

残業を10%削減

Furniture by HermanMiller

立って働くという考え

執務室に高さ調節機能を持つデスクを採用。
「座る」、「立つ」、「動く」というように姿勢を変えることで、気分を一新しながら仕事に集中できます。
その結果、仕事場での健康や満足度の向上を推進することにつながりました。

こんなオフィスにしたい

DESIGN CASE 030

フリーアドレスの効能

オフィス全体をフリーアドレスとすることで、ひとりひとりが必要に応じて使用する場を選択することが出来ます。
また、プロジェクトごとにチームで固まって仕事をすることができるため、いままで以上に効率的な動きを可能にするオフィスと言えるでしょう。

フリーアドレスデスクの効果はそれだけではなく、オフィスを綺麗に保つ意味合いもあります。
自分のデスクではないので、終業時に、デスクを離れる際に、必ず卓上とその周囲を整理整頓することになります。
常にオフィスを整理整頓しておく習慣が身についた結果、探しものなどに取られる無駄な時間が減少。
綺麗に片付いたオフィスではクリエイティビティが上昇し、残業が10%以上も減ったという結果がでている会社もあります。

単に見た目にかっこいいオフィスをデザインするだけではない、
オフィスデザインの本質を見て取れる一例です。