未来的なオフィス

新時代のスタンダード

Furniture by Steelcase

外光を利用したシンプルオフィス

大きい窓からのパワフルな外光を利用したミーティングルーム。外光を利用し、景色をオフィスデザインにうまく取り入れることで、モノトーンの部屋でも物足りない印象をうけず、デザイン性の高いオフィスになっています。先進的なファニチャーを用いることで、未来的な印象を与え、訪れた人に期待感をもたせます。

こんなオフィスにしたい

office design036

21世紀のオフィス空間とは

自然光が差し込む広い空間をゆったりとした執務室に使用。
面積から使用人数を割り出し詰め込んでいたいままでのオフィスの観点からすると、少し贅沢でもったいないイメージもある新時代のオフィスデザイン。

一箇所に詰め込まれ、与えられた仕事を淡々とこなす働き方は、たまたま20世紀の工業化された大量生産の仕組みにぴったりとはまっていました。
そのせいもあり、数字から見た効率化が最も正しく利益を生み出せる働き方だと勘違いされてしまったのです。

初期投資が少し大きくなろうとも、ワークスペースにゆとりを持ち、ひとりひとりのパーソナルスペースを確保し頭を使いコミュニケーションを取りながら仕事に取り組む。
現代に要求されている働き方に対して、いままでのオフィスデザインは最適解とはいえないと見地が主流であり、数字で裏付ける研究結果もでています。

働き手のモチベーションを最大限に引き出すオフィスデザイン。
主役はひとりひとりの社員である。というのがこれからの時代のスタンダードになってきます。