女性同士の人間関係とオフィスデザインについて

オフィスには、ある程度の割合で男女がいる方が、業務や打ち合わせが進みやすくなります。性差による得手不得手を補い合うことができるからです。

21 NOV 2017
1_top

出典:https://pixabay.com

しかし、業種によっては女性が圧倒的に多い場合もあります。スタッフ全員が女性ということもあるでしょう。

「女三人寄ればかしましい」ということわざもあるように、女性だけの集まりというものは何かと問題が起こるもの。女性だけのオフィスでも、業務が円滑に進むオフィスデザインを考察します。

オフィスには、ある程度の割合で男女がいる方が、業務や打ち合わせが進みやすくなります。性差による得手不得手を補い合うことができるからです。

しかし、業種によっては女性が圧倒的に多い場合もあります。スタッフ全員が女性ということもあるでしょう。 「女三人寄ればかしましい」ということわざもあるように、女性だけの集まりというものは何かと問題が起こるもの。女性だけのオフィスでも、業務が円滑に進むオフィスデザインを考察します。

群れたがる女性の真意とは

2_mure
出典:https://pixabay.com

女性は何かとグループを作りたがります。新入社員や転職してきた女性社員の多くが、女性社員の派閥争いに悩んでいます。いつのまにか派閥争いに巻き込まれてしまい、なかなか新しい環境になじめないという悩みも多いようです。

なぜ女性はグループを作るのでしょう。それは、太古の昔からの記憶によるものです。

人間がまだ狩猟民族であり部落単位で生きていた時代、女性は男性たちが狩りに行っている間、部落と子供達を守る役目がありました。よそ者を排除するためには、力が必要です。非力な女性たちは、仲間たちで力を合わせなければならなかったのです。

そのために、女性たちは情報やルールを共有する必要がありました。誰かひとり裏切り者が出ると、裏切り者はよそ者となり排除されます。女性はひとりになってしまっては生きてはいけません。そこで、ひとりひとりがグループの中から排除されてはならないと、他の女性たちの意見に共感し、行動を共にすることになります。

この記憶は、現在になっても学校やオフィスの中で繰り広げられています。「グループに入っていないと死んでしまう」という記憶があるため、派閥争いはある意味仕事よりも重要な問題となってしまうのです。

オープンなコミュニケーションが円滑の秘訣

3_women
出典:https://pixabay.com

何とも面倒に感じる女性の特性ですが、この特性があるからこそ、社内のコミュニケーションが円滑となり、客先の意見や希望を汲み取り、契約へとつなげることができます。

リーダーシップのある女性なら、共感や傾聴のテクニックを無意識に使いながら、強いチームビルディングも可能です。女性の群れたがる生態は、ビジネスの現場でも有益に働いています。

しかし、少しでも油断してしまうと派閥争いに発展してしまいます。そこで、オフィスデザインを工夫して、女性の能力が最大限に発揮出来る環境を作ることが大切です。 例えば、女性たちは「自分たちだけの話題」を大切にします。共有の秘密を作ることで仲間意識を強くするからです。しかし、過ぎてしまうとオフィスがギクシャクしてしまい、秘密を知らないスタッフは孤立してしまいます。

そこで、オープンで見渡しが良いオフィスデザインにして、誰が何をしているのか、どんな話をしているのかをわかりやすくする必要があります。コミュニケーションが取りやすいデスクの配置にすることで、話しやすい雰囲気を作ることができるでしょう。お互いのグループの行動がわかるため、安心感が生まれます。

できれば、ちょっとした打ち合わせは、フリースペースで行うようにすると、他のチームのスタッフも安心です。女性同士はライバル意識も高いもの。わからないところで他のグループやチームが戦略会議をしているのをみると、不安になってしまい業務に支障が出てしまいかねません。できるだけオープンで、風通しの良いオフィス環境を整えることが大切なのです。

さらに、他のスタッフの話が気になりすぎないように、BGMを流す方法もあります。森林のさざめきやイージーリスニング音楽であれば、集中力を妨げることなく、会話の声を分散することができます。

さらに女性が活躍できるオフィスとは

4_family
出典:https://pixabay.com

共働きが当たり前となり、女性の社会進出を政府も推進している時代、女性が活躍できるオフィス環境は必要です。働きやすいだけではなく、女性がもっと活躍できるオフィスとはどのようなものでしょう。

コミュニケーションが円滑に進むオフィスデザインと共に大切なのが、女性のテンションを上げる仕掛けです。

女性は、外的な環境から自分のイメージを上げる傾向にあります。インスタ映えが顕著な例で、「リア充」感が自身のステイタスを上げ、そのイメージに合わせた行動へと動くのです。

従って、クリエイティブなアイディアが必要な業種であれば、オフィスのデザインもクリエイティビティなデザインにする必要があります。コンサルティング業であればクールの中にも女性らしさを意識したデザインとカラー、アパレルやコスメならイメージしている女性像を反映したオフィスデザインなど、スタッフ自身が理想の人物になりきれる舞台設定を行うつもりでデザインすると良いでしょう。

さらに、女性はライフステージが変化することが多く、その度に壁が現れます。結婚、出産、育児、介護など、突発的な出来事でも仕事が続けられるよう、テレワークや時短勤務、キッズスペースの配置などを考慮することが大切です。

女性と男性では、生まれ持った役割の違いがあります。感覚や考え方、働き方が違うのは当然なのです。 今後、女性だけのオフィスは増えていきます。性差を正しく理解し、女性の能力が存分に発揮できるオフィスデザインでありたいものです。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧