ベンチャー企業に対してオフィスデザインが力になれること

インターネットが普及し、IT技術を自由に使えるようになった昨今、志をひとつにした仲間たちが集まり、起業するケースが増えています。

21 NOV 2017
1_top

出典:https://pixabay.com

国や地域もベンチャー起業を推進し、銀行や企業がアクセラレーターを開催するなど、支援する動きが広がっているようです。

しかし、これまで企業の中ではうまくいっていた事業でも、起業独立して軌道に乗せることは並大抵のことではありません。最新技術や斬新なアイディアだけではなく、的確な判断ができるリーダーと、目的に向かって邁進するチーム作りが必要です。

では、成功へ導くチーム作りができる環境とは。うまくいくベンチャー企業のオフィス環境を考察します。

競争力がベンチャー企業の未来を決める

2_venture
出典:https://pixabay.com

ベンチャー企業に大切なことはなんでしょう。資金、アイディア、技術、どれももちろん不可欠なものです。斬新なアイディアやこれまでにない技術なら、市場で独り勝ちできる可能性があります。その事業アイディアで、何日も盛り上がることができるでしょう。

金融機関から融資が受けられるだろう、クラウドファウンディングでもすぐに寄付が集まるにちがいない。そう考えて安易にスタートアップしてしまう場合も多いようです。

しかし、企業として継続させるためには、もっと必要なものがあります。それは「競争力」です。競争力があれば、例えば同じアイディアを持った企業がいても、資金力で負けていても、それらの不利を覆すことができます。どんなに新しいアイディアでも、後追いしてきた誰かに必ず真似されます。しかし、競争力があれば、次の一手をどうすれば良いのか見据えることができるのです。

この競争力を強固にするのが、「チーム力」。強いチームとは、一人一人のメンバーが優秀であるだけではなく、いざというときには戦略を出し合い、考察し、ベクトルを一つにして行動することができるチームです。

このチームは、日頃過ごすオフィスによって作られていきます。強いチームを作るオフィスとは、どのようなものなのでしょうか。

大切なのはコミュニケーションと余裕

3_startup
出典:https://pixabay.com

ベンチャー企業のスタートアップ時は、人員は常に足りない状態でしょう。一人で営業・企画を請け負ったり、リーダーがディレクション、マーケティング、マネジメントの担当を兼任したりなど、一人で何役もこなさなくてはなりません。

また、制作やデザイン部門は、いくつもの案件を抱えることが多いでしょう。制作なのにディレクションも兼務することもあります。

これらを続けていると、フラストレーションが溜まってきます。忙しい、時間が合わないなどの理由で、話し合いが十分に行われないまま案件が走ったせいで、ライバル企業に出し抜かれ損害を出してしまうことにもなりかねません。

ベンチャー企業でも、老舗の店でも、強い組織を作るのは十分なコミュニケーションと、ひとりの時間をつくる余裕です。 コミュニケーションはお互いの業務の進捗状況のほか、アイディアを出し合う時間です。話し合いをすることにより、お互いの思考が刺激され、クリエイティブなアイディアが浮かぶこともあります。

ひとりの時間は、主に集中力が必要なエンジニアやデザイナーに必要です。凝り固まった頭をリセットすることで、新たなアイディアも生まれます。 時間がなくて忙しいからこそ、コミュニケーションと余裕を作らなければ、強いチームで居続けることは難しくなってしまうのです。

オフィス環境も働き方もクリエイティブに

4_cafe
出典:https://pixabay.com では、実際にどんなオフィスであれば強いチームを作ることができるのか見ていきましょう。

1.観葉植物を置く

観葉植物などのグリーンは、目の疲れを癒し、滞った空気を浄化します。きれいな空気は、血の巡りを良くしてクリエイティブな思考を取り戻すでしょう。

2.デスクの配置をストレスフリーに

デスクの配置は、「監視されない、しない」をモットーに考えましょう。間隔が狭い、後ろからの視線がきになるなど、パーソナルスペースが侵されると感じるとき、ストレスは生まれます。

広いスペースを取る、適度な距離で向かい合わせの形をとるなどの工夫で、コミュニケーションがとりやすい、情報を共有しやすいデスクの配置を考えましょう。 また、上司、またはリーダーは、スタッフに何かを伝えるときには自分からそのスタッフに出向く方が、リラックスして話ができると言われています。心がけてみるのも良いでしょう。

3.フリースペースを設ける

狭いオフィスでも、一息付ける場所は絶対に必要です。余裕があるのなら、制作やデザインスタッフがひとりで仕事ができる場所も作るとよいでしょう。 フリースペースで休憩しながらの雑談は、思いがけないアイディアを生みます。お互いの考えや報告に共感したり刺激しあったりなど、デスク上では得られないコミュニケーションが生まれます。 また、どうしても社内に作ることができないのであれば、外にミーティング用のカフェがあると良いです。気分転換が出来るため、作業や打ち合わせもスムーズに進められるでしょう。

4.テレワークや在宅ワークなどの働き方改革を

ひとりで何役もこなすことが多いベンチャー企業のスタートアップは、打ち合わせのためにオフィスに戻ることすらストレスとなります。バタバタしたオフィスでは集中できないというクリエータースタッフもいるでしょう。

テレワークを導入することで、社外のどこにいてもミーティングに参加できます。在宅で制作しているスタッフも、進捗状況をスカイプ等で報告することが可能です。

ちょっとしたストレスや無駄な時間がフラストレーションとなります。余裕の時間をつくるためにも、働き方改革を導入することも考えてみましょう。

ベンチャー企業の成功は、スタートアップとチーム力にかかっています。常に競争力を身につけておくためには、様々な方向から市場をみる視点と、先見の明が必要です。

スタッフの能力を引き出し、最高の競争力とパフォーマンスを生み出すために、オフィス環境を見直してみてはいかがでしょう。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧