デスクやエントランスに!観葉植物がオフィスに与えるメリットについて考えてみる

オフィスにグリーンが置いてあるだけで、なぜかホッとした気分になりますね。観葉植物には癒しや空気清浄の働きがあり、オフィスに置くことで快適な職場環境を作ることができます。

21 MAY 2017
1_top

出典:http://01.gatag.net/

また、社員の生産性の向上にもつながるとの研究結果もあり、ぜひ取り入れたいアイテムです。今回は、そんな観葉植物が与えるオフィス環境へのメリットについて考えます。

観葉植物が与えるメリットは科学的に認められている?

2_green
出典:https://www.photo-ac.com/

例えば、東京都農林総合研究センターが行ったアンケート調査では、観葉植物がない部屋からある部屋へ移った多くの被験者にアンケート調査を行った結果、被験者からは「潤いがある」「安らぎを感じる」という多くの回答がありました。

また、日本の文具メーカーでは、同社がおこなった調査から、オフィスに配置したグリーンとの距離が近いほど効果が感じやすく、さらに観葉植物を自分たちで選び世話をすることでストレス緩和になり満足度が上がるという結論を出しています。コミュニケーションの促進に効果があったという声も聞かれたそうです。

このように、様々な機関により観葉植物による空気の浄化や湿度の調整、緑を見ることによる視覚疲労緩和、植物の香りによる生理的効果などが研究され、結果が報告されています。グリーンアメニティの効能は科学的にも認められているのです。

観葉植物がオフィスに与える3つのメリット

3_merit
出典:https://www.photo-ac.com/

このように、オフィスにグリーンを置くだけという効果があるというグリーンアメニティ。具体的にどのような効果があるのでしょうか。

・空気の浄化と保湿

観葉植物は、建築材料に含まれるホルムアルデヒドやタバコの煙を吸収し浄化する働きがあります。観葉植物には特に浄化作用の強いものがあり、これらの植物を配置することで空気清浄が行われるのです。 また、植物の呼吸により湿度の調整が行われています。観葉植物があるだけで、20%湿度が上がるとの調査結果もあり、乾燥しがちなオフィスの中で自然な湿度を保ってくれます。

・ストレスと疲労の軽減

観葉植物には仕事や作業でのストレスを軽減させる効果があり、それは植物が発するマイナスイオンによるものです。また、観葉植物のグリーンが目の疲労を回復させ、音が気にならなくなる騒音低減効果もあります。

・生産性の向上

イギリスのエクスター大学クリス・ナイト博士の研究によると、オフィスに観葉植物を置くことで、15%の生産性向上が得られると結果が出ています。これは空気の清浄やストレスの軽減、コミュニケーションの向上によるものかもしれません。

オフィスを快適にする効能別観賞植物

4_kaiteki
出典:https://www.photo-ac.com/

植物との距離が近いほど癒しの効果があることから、オフィスのコーナーだけではなく、業務を行うデスクにも配置することで効果を実感することができます。 また、リラックス効果があるため、エントランスに置くことで出勤時や来客者の緊張を緩和し良い印象を与えることが可能です。

エントランスの観葉植物はオフィスのシンボルとなるため、葉の形や色を考慮することが大切。柔らかいイメージを出したいなら丸い葉を持つ植物、高級感やスマートさを見せたいのなら先端が尖った大きなものなど、オフィスイメージを演出できるものを選びましょう。

空気清浄効果がある観葉植物

5_sunsperia
出典:http://pocket-pic.info

観葉植物には室内の空気を浄化する働きがありますが、特に浄化効果が高い植物を「エコプラント」といいます。 中でも有名なエコプラントが「サンスペリア」「アレカヤシ」「ゴムの木」。「サンスペリア」は月に一度の給水で育ち、マイナスイオン効果も高いためオフィスの植物として最適です。

花が咲く「スパティフィラム」「アンスリウム」もおすすめ。グリーンだけではものたりないオフィスを、花の視覚効果で華やかな癒しを与えてくれます。

手入れしやすく見た目もおしゃれな観葉植物

6_monstera
出典:http://bluegreen.jp

忙しいオフィスでの業務の中で、観葉植物に手間がかかっていてはかえってストレスになってしまいます。長い休み中でも手入れ不要な植物なら、はじめてグリーンを取り入れるオフィスにも安心です。

丈夫さで選ぶなら「ユッカ」。日陰でも育ち耐寒性もあります。次々に新芽を出すことから発展・成長のシンボルとされているため、仕事運アップの風水効果も期待できます。

「モンステラ」も半日陰で育つので、室内管理が簡単です。葉の形も変わっていて、見た目も楽しませてくれます。来客室にもおすすめです。 デスクやちょっとしたスペースに飾るのなら「ポトス」や「アイビー」。 ポトスは丈夫な観葉植物で、増やすのも簡単です。日向でも日陰でもよく育ち、明るい緑色が癒しを与えてくれます。 アイビーも耐陰性・耐寒性共に高く、手間いらず。ポトス同様垂れ下がる葉がゆらゆらと可愛らしく、直線的なオフィスを柔らかく演出します。

商売繁盛!癒しと運気アップの両方に効果がある観葉植物

7_pakira
出典:https://www.photo-ac.com/

植物の生命力は、運気アップにつながると考えられています。 風水では「パキラ」は仕事運と金運アップ・商売繁盛の植物とされており、開業時にはぜひ取り入れたい植物です。 「幸運の木」「シュロチク」も仕事運アップの植物。「幸運の木」はその名前を聞いただけでも運気がアップしそうです。もちろん育てやすく空気の浄化作用もあります。

「シュロチク」は細く長い葉がスマートな観葉植物。上へ伸びる力が強いことから、仕事運がアップすると考えられています。

まとめ

デスクやワークスペースにおいてリラックス効果と生産性向上を、コーナーでは空気の浄化、エントランスでは来客の目を楽しませ緊張を緩和するなど、植物には不思議な力があるようです。

様々なメリットがある観葉植物。快適なオフィス環境と商売繁盛のために、観葉植物を取り入れてみてはいかがでしょう。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧