最高のオフィスチェアを選ぶための5つ

様々な形のあるオフィスチェア。オフィスチェアはデスクワーカーにとっては以外と重要な仕事道具となります。

25 FEB 2017
photo_gallery_setu_chair_7

出典:http://www.hermanmiller.co.jp/

最近の調査によるとフルタイムで働く人は週当たり平均47時間働いています。事実、調査対象者の39%が週に50時間以上働いているというデータもあります。これはフルタイム労働者の約40%が年間2,500時間近い労働をしていることを示しています。

このような状態が続くと慢性的な腰痛や疲労の蓄積により、より仕事効率を下げてしまうことになってしまいます。

ここに最適なオフィスチェアを選ぶための10のヒントと、新しいオフィスチェアが必要な5つの理由をご紹介致します。

ヒント1:良いオフィスチェアは背中の支えがしっかりしている

オフィスの椅子は、生産性の低下と疲労による非効率の削減に不可欠です。「オフィスの椅子は頭まで支えるような 背もたれを持つべきです。腰椎のサポート、高さ、およびリクライニングの設定を含み、多数の調整可能な機能をもっていると良いでしょう。

ヒント2:全ての関節が90度になるように/h3>

理想的にはすべての関節は90度の角度を保つべきです。腰、膝、および足首の角度が90度で快適でないと腰痛や肩こりの原因となってきます。あなたの腰が90度の角度でない場合、椅子は高すぎたり、短すぎたりします。膝と足首にも同じことが起こります。

ヒント3:重要なのは調節可能であること

一日中座っているときに、これは正しい姿勢を保つために必要なことは上下左右に調整する必要があります。

ヒント4: 人間工学に基づいた設計

オフィス家具の先駆者、HermanMillerの人間工学に基づくと、動くことと、人間工学に基づいたオフィスチェアが、血流と酸素の流れを保つのに役立ちます。

ヒント5: 体に合わせて調整ができる

肘掛けに肘を当てるために肩をすくめなければならない場合は、肘掛けの高さが合っていません。関節を90度に保つには椅子の高さや肘掛けなども調整できるものでなくてはいけません。

快適なオフィスチェアを維持するためには

サイン1:体に痛みを感じている

私たちの体は長期間にわたり同じ体勢を持続的に維持する設計されていませんでした。痛みが出た場合、人間工学的に正しいオフィスチェアは快適性を提供することができますが、数年に1回交換されなければ元に戻ってしまいます。

サイン2:オフィスチェアを5年ごとに交換する

オフィスチェアは、通常5年以内に交換する必要があります。これは、クッションの機能をしっかりと維持することができるのは5年が目安とされているからです。

サイン3:あなたのオフィスチェアが腰部サポートをほとんど提供しない場合

オフィスチェアの背もたれが腰椎サポート機能をしっかりと果たしていない場合、交換を時期かもしれません。腰部の支持がなく、背中が曲がっているとき、背中の筋肉が腰部を自然な曲線から押し出して椎間板に圧力をかけ、脊髄組織への血液供給がなくなってしまいます。収縮力の絶え間ない力は、筋肉疲労 や痛み、椎間板ヘルニアなどにつながってしまいます。

サイン4:あなたのオフィスチェアが良い保てない場合

アメリカのカイロプラクティック協会によると、座っている良い姿勢には以下が含まれます。 足を床に置き、(床に着くことができない場合は足元に置いてください)膝の後ろと座席の前部との間に小さな隙間を作り、膝は、腰より下げてください。椅子の背もたれを調節して、中低背をサポートしてください。 上記の姿勢で座り痛い場合は、おそらく新しい椅子の換え時かもしれません。/p>

まとめ

不適切に設計されたオフィスチェアは、慢性腰痛や肩こり、ヘルニアなどの原因となってしまいます。これらの傷害を合わせると、外来、病院、救急室の診察など、合計1億3千万の医療行為が発生します。つまり、従業員は仕事を失い、人材は失われています。 医学研究所は、報酬費用、賃金の喪失、および生産性の低下によって測定される、年間45〜540億ドルの間の経済への総費用を推定しています。 この記事のヒントを使用して、最高のオフィスチェアを選ぶために参考にしてみてください。

オフィス移転、オフィスデザインにお悩みの方


にお任せください。

問い合わせはこちら

OFFIVE BLOG記事一覧